噂・真相

清野菜名の身体能力が凄すぎる!アクション女優誕生のルーツは”アレ”だった?!

にゃん吉
にゃん吉
最近アクションシーンなどでよく見かける女優の清野菜名さん。可愛い顏なのにガチのアクションシーンをこなしてて、驚いたよ!彼女のアクション女優のルーツって何だろう?空手や格闘技をやっていたのかな?気になったから調べてみたよ!


清野菜名のプロフィール

名前:清野 菜名(せいの なな)
生年月日:1994年10月14日
出身地:愛知県
身長:160 cm
所属:ステッカー

清野菜名の経歴

幼少期~小学生時代

清野さんの母親は、全日本レベルのバレーボール選手です。
清野菜名さんは、物心がついた時から運動が好きだったそうで、身体能力の高さは生まれつきだったようです!
小学生で足が速い子は運動会で注目の的ですが、まさにそういう子どもだったのではないかと思います。
実際に、市内の陸上大会では「ソフトボール投げ(40m)」で2位を獲得しています。
高飛びでは160cmをクリアし、2009年の陸上の全国大会に出場を果たしました。
スポーツ全般得意だったんですね。
将来の夢は、スポーツ選手か芸能人だったようです。


では、なぜ芸能人の道をたどることになったのでしょうか?

実は、清野さんが小学6年生の頃(2007年)に“オーディションごっこ”なるものが流行っていたそうで、清野さんも、ファッション雑誌『ピチレモン』のオーディションに応募しました。
それが見事にグランプリを獲得し、専属モデルとして活動することとなります。

ファッション雑誌『ピチレモン』

中学生時代~高校生時代

中学校ではバスケットボール部に所属し、陸上部と掛け持ちしていたそうです。

2009年には、次世代アイドル発掘オーディション「グラビアJAPAN」で準グランプリを受賞しています。

スポーツ万能だったため、高校進学時には陸上競技で推薦入学の選択肢もあったそうです。
しかし清野さんは、芸能活動の道を選び、高校に通いつつオーディションに挑戦する日々を過ごします。
高校では、3年間アクション部に所属していました。
「日本芸術高等学園」というところみたいですが、アクション部ってなんだかすごそうですね!!

清野さんは、映画『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチのアクションに影響を受けて、高校2年生のときに1年間、アクション養成所「WORSAL」で本格的なアクション訓練を受けています

映画「バイオハザード」シリーズ

清野さんは、日本の女性では5人しか出来ないといわれる技「バタフライツイスト」を習得しています。

ひねりがすごいです!!

【2011年~現在】アクション女優・清野菜名

映画「TOKYO TRIBE」

映画『TOKYO TRIBE』「スンミ」役

清野さんはモデルを続けていましたが、160cmと身長がそれほど高くなかったため、この先続けていくことは難しいと思い、女優への転身を決意しました。

2011年『神話戦士ギガゼウス』や『桜蘭高校ホスト部』で女優デビューしたものの、思うように仕事がなく、アルバイトに明け暮れる日々が続いていました。

女優を辞めようかと悩む中で、映画『TOKYO TRIBE』のオーディションを受け、キャストオーディションでは落選したものの、アクションメンバーのオーディションで「アクションをやっている時の君は輝いている」と園 子温(その しおん)監督が惚れ込み、急遽ヒロイン役に抜擢されました。

※ R15+

映画では、華麗なアクションシーンを披露しました。
19歳ながら“大胆なフルヌードの濡れ場”にも挑戦する体当たりの演技で一躍脚光を浴び、「ジャパンアクションアワードベストアクション女優賞」、「ヨコハマ映画祭最優秀新人賞」を受賞しました。

映画「東京無国籍少女」

この映画の監督は、アニメ作品の巨匠とも呼ばれている「押井守」さんです。
映画「攻殻機動隊(こうがくきどうたい)」や「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」を手掛けた、日本のアニメーション映画界を代表する監督です。

ハリウッド映画「マトリックス」を手掛けた”ウォシャウスキー”氏は、「攻殻機動隊」からインスピレーションを受け、「ターミネーター」などの監督で知られる”ジェームズ・キャメロン”氏なども押井守監督の影響を受けていると言われています。

※ R15+

女子美術高等専門学校で巻き起こる戦いが中心で、清野さんは主人公の「藍」役を演じました。
最初は、いじめにあう大人しい少女でしたが、次第に感情が爆発していき・・・
ラスト15分は、怒涛のアクション連発でした!

ドラマ「今日から俺は!!」

原作は西森博之氏による人気ヤンキー漫画です。
「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「銀魂」で知られる福田雄一監督が、実写ドラマ化しました。

清野さんは、主人公「三橋貴志(みつはし たかし)」(※役:賀来賢人)に恋する、ヒロイン・赤坂理子役を演じました。

三橋と理子が3人組に囲まれたとき、理子は思わずその3人を投げ飛ばしてしまいます。
自分の手柄を横取りにされたと勘違いした三橋が間違って理子の胸を触ってしまい、三橋も投げ飛ばされます。
そのことで理子が「学校で一番強い」と言われてしまい、ヘルメット男が理子を狙って襲ってきます。

そこでヘルメット男とのガチバトルが勃発し、アクションシーンで清野さんの身体能力を存分に発揮しました。

ヘルメット男に襲われる理子
アクションシーンの稽古中
ジャンプが高い!!

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

横浜流星さんとのW主演で、川田レン/ミスパンダ役を演じました。
驚異的な身体能力を持つ女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員(横浜流星)さんが、 「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、警察やマスコミが触れない事件の真相を暴いていくストーリーです。

清野さんは、このドラマの中でもアクションシーンをふんだんに披露しています。

CM「アクエリアス」

清野さんの身体能力の高さから、アクエリアスのCMにも起用されました。

まとめ

View this post on Instagram

#ATT おつかれーらいす

A post shared by 清野菜名 (@seinonana) on


自身のInstagramでも身体能力の高さを披露しています。

見た目の可愛さからは想像できない、ガチのアクションシーンをこなす清野菜名さん。
苦労した時代もあったようですが、養成所に通い努力をしてきた結果、アクション女優としての階段を確実に登ってきています。
アクションだけではなく、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で、落ち着いて大人しめの女性「浅葱(小宮)裕子」役を演じたりもしています。
これからも様々な場面で大活躍していく女優さんだと思いますので、今後の活躍に期待していきたいですね!!