噂・真相

大麻とDVの館!伊勢谷友介の自宅マンションを特定

にゃん吉
にゃん吉
自宅から大麻が押収され緊急逮捕となった伊勢谷友介の自宅を公開。以前から伊勢谷友介はサディストだDVだと話題になっていましたが、この自宅で大麻吸ったり、女殴ったりしてた模様です。


伊勢谷友介のプロフィール

名前:伊勢谷 友介
生年月日:1976年5月29日
出身地:東京都世田谷区
血液型:A型
身長:180cm
所属:リバースプロジェクト(辞任)、カクトエンタテインメント(契約解除)

大麻所持の現行犯逮捕の現場となった伊勢谷友介の自宅マンション

2020年9月8日。
自宅マンションから乾燥大麻を約20gが発見され現行犯逮捕となった伊勢谷友介さん。

現場となった自宅には報道陣が集まり一時騒然となりました。

伊勢谷 自宅
中央のハチの巣みてーなテーブルから大麻が!

伊勢谷友介さんは以前から自身のYouTubeで自宅の内装などを公開されていました。(逮捕されYouTubeは削除)
とてもお洒落な自宅です。

伊勢谷友介さんの自宅マンションは、目黒区「ルクラス碑文谷と特定されています。

プレーンな状態のルクラス碑文谷

ルクラス碑文谷
東京都目黒区碑文谷1-22-28
1992年施工。地上4階、地下1階。22戸。

1F~3Fは分譲。4Fは賃貸。
2013年にリノベーションされ、めっちゃお洒落になる。

1F(3LDK/145.22m²)約1億円
2F(2LDK/87.25m²)約6300万~7500万円
3F(4LDK/119.29m²)約8000万~1億円
4F(2SLDK/94.66m²)賃貸家賃:約30万円(”S”とはサービスルームの事で、窓が少なく光が差し込む量が少ない部屋。物置、ウォークインクローゼット、書斎など使い方は無限大)

他、2F(3LDK/145.22m²)3F(3LDK/145.22m²)4F(3LDK/145.22m²)の戸もある模様。

西小山エリアに建つ分譲賃貸マンション。街路樹や植栽の緑が美しい自然豊かで落ち着いた住宅街に立地しており住環境良好です。2013年に共用部から室内に至るまで一棟リノベーションしており、スタイリッシュな内装を施し充実した室内設備を備えています。

ラウンジスペースや内廊下といった共用部がホテルライクで高級感ある雰囲気を演出しています。ゆったりとした広さの住戸を揃えており、落ち着いた住環境を求めるファミリーに最適です。システムキッチン・浄水器・食器洗浄機・ディスポーザー・追焚バス・浴室乾燥機・洗浄便座・エアコン・床暖房といった充実した室内設備を備えており、優雅で快適な生活を過ごすことができます。

※引用:プロパティバンクより

エントランス
リビング
バスルーム
トイレ
賃貸となる4F。1戸の間取り
こちらは分譲の1Fの1戸の間取り。約1億円

※引用:プロパティバンクより

これをこう↓

伊勢谷友介のルクラス碑文谷

自宅だけでなく、車やバイクもハイセンス。

まとめ

東京藝術大学美術学部デザイン科卒業後、同大学院美術研究科修士課程修了。
その後、俳優・映画監督・美術家という経歴だけあって、やっぱデザインセンス高いですね。

以前、伊勢谷さん本人が「やりたいようにやる」と発言していましたが、女痛めつける事や日本で大麻吸うことの事も含めて言ってたんですかねー


面白かったのでわざわざ紹介。世の中には恐ろしくお花畑な人がいるもんです