噂・真相

伊藤詩織が再び訴訟!杉田議員&大澤氏を訴えた理由とは?

にゃん吉
にゃん吉
レイプ被害で民事訴訟を勝ち取った伊藤詩織さんだけど、最近またニュースで見かけるようになったね。今度は漫画家、政治家、元大学准教授を訴えているようだね。近年SNSの誹謗中傷が問題となっているけど、色々考えさせられるよね。

伊藤詩織さんは、2017年にジャーナリストの山口敬之氏をレイプ被害で訴え、民事訴訟で勝訴しました。
ここで気を付けたいのは、伊藤さんが最初に起こした刑事訴訟では、山口氏は不起訴処分となっています。
メディアには犯罪者のように扱われていますが、山口氏は”性犯罪者”ではないということです。
レイプ事件についての詳細は、こちらをご覧ください!↓↓↓

前回のレイプ事件から時は経ち、メディアで見ることは無くなっていた彼女ですが、2020年再び彼女の名前がニュースを賑わせているようです。


伊藤詩織が同時訴訟を起こす


2020年6月8日、伊藤さんは、ツイッター上で「枕営業大失敗」など伊藤さんを連想させるようなイラストを発信した漫画家「はすみとしこ」氏を、精神的苦痛を受けたとして訴えました。

2020年8月20日、伊藤さんは、杉田水脈衆院議員と、東大大学院の元特任教授の大澤昇平氏に名誉毀損などによる損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしました。

杉田水脈衆院議員を訴えた理由

伊藤さんの誹謗中傷ツイートに対し、「いいね」を繰り返し押したとして、衆議院議員の杉田水脈氏を訴えました。
(損害賠償請求額:約220万円)
杉田氏が「いいね」を押したツイートは、以下の内容とされています。

  • 「彼女がハニートラップを仕掛けて、結果が伴わなかったから被害者として考え変えて、そこにマスコミがつけ込んだ!」
  • 「枕営業の失敗」
  • 「被害者ぶるのもいい加減にしてください」

名前:杉田 水脈(すぎた みお)
生年月日:1967年4月22日
出身地:兵庫県
政党: 自由民主党

東大大学院の元特任教授の大澤昇平氏を訴えた理由

大澤昇平氏は、元・東京大学特任准教授です。
2019年11月、自身のTwitter上に「中国人は採用しません」などと投稿し、差別的だとして批判が殺到してしまい、懲戒免職処分を受け、解任されてしまった人物です。

伊藤さんがはすみとしこ氏を訴えるツイートをした際に、大澤氏が複数のツイートをした内容が名誉棄損に当たるとして訴えました。
(損害賠償請求額:約110万円)

以下、大澤氏がツイートした内容です。

「具合悪そうだから介抱したのに急に『レイプされた』とかファビョり出して社会的地位を落としにかかってくるのトラップ過ぎるし、男にとって敵でしかないわ」

「伊藤詩織って偽名じゃねーか!」

名前:大澤 昇平(おおさわ しょうへい)
生年月日:1987年12月26日
出身地:福島県
職業:株式会社Daisy代表取締役CEO

一連の訴えに対し、ネットの反応は賛否両論

肯定派

  • こうして提訴を繰り返せば必ずセカンドレイプに対する抑止力も生まれるはずでしょう。
  • 杉田水脈はTwitter以前に、はすみとしこの中傷イラストに手を叩いて笑ったり、BBCでも伊藤さんに落ち度があると発言したり、ずっと酷かった。
  • 単にいいねしたからではなく、それまで散々伊藤さんを批判してきた上でやったのが問題。しかも過激な中傷ツイに端からいいねして悪質。
  • 勇気のある、真っ当なアクション。全面支持です。
  • レイプは犯罪です。そしてセカンドレイプも犯罪です。しっかり罰して下さい!
  • 性暴力が無くなって欲しいし、誹謗中傷が「表現の自由」と言う免罪符で正当化されないような社会になって欲しいから、応援します。

否定派

  • 伊藤詩織様は名誉毀損、虚偽告訴で刑事告訴されています。
  • 「いいね」すると訴えるとか異常ですね・・・・ Twitterのシステムを悪用した被害者ビジネスですわ。
  • 人の事はジャーナリズムを盾に散々批判するくせに自分が批判されると訴える???
  • リプやコメントにいちいち目くじら立てるならSNSをやめた方がいい つか、通知オフれよ
  • なんでも限度は有るけれど表現の自由ってなんなんだろ?いいねすらも訴えられる世の中って笑
  • いいねはあくまでも同意や共感を示すだけの手段にしか過ぎない なんのためのリツイートなの?

賛伊藤詩織さんの一連の訴訟に対し、ネット上では意見が真っ二つに。
肯定派の意見は「レイプもセカンドレイプも許せない」という内容が多いように思えます。
反対派の意見は「やりすぎ」「言論弾圧」との見方が多いようですね。

#伊藤詩織さんによる日本人女性ヘイト発言に抗議します

伊藤さんの一連の訴訟にネットがざわついてますが、さらに下記のハッシュタグにより、伊藤さんに関する話題が拡大していっているようです。

「#伊藤詩織さんによる日本人女性ヘイト発言に抗議します」

どういう内容なのか深掘りしてみましょう。

どうやら、英BBCの取材に対して伊藤さんが日本について“デマ”を流したという内容のようです。
BBCは、伊藤詩織さんを取材し、その後「Japan’s Secret Shame(日本の秘められた恥)」を放送しました。
詳しくはこちら

番組内で伊藤さんは、『日本で育つと誰でも(everyone)性的暴行(sexual assault)を経験する』と語っています。
さらに、『女子高生は毎日痴漢され精液をぶっかけられ、スカートを切られ、教室は痴漢の話題で持ちきりで誰も通報しない』との発言も。

これは、事実ではありません。

【2020年のレイプの国別統計】 によると、国民10万人当たりの強姦発生件数は日本では1.0となっています。(順位は、下から数えた方が早そうですね。)
ちなみに1位の南アフリカでは、132.4と日本の約130倍もの強姦が発生しているようです。
データ:World Population Review(英国のデータ無)

伊藤詩織さんの会見では「言論というのは責任を伴うものである。何でも言っていいということではない。表現の自由、言論の自由というのは何でも言っていいということではない」と語っていましたが、これは日本人へのヘイトにはならないのでしょうか?

ヘイト発言と捉えるのか、言論の自由であると捉えるのか、また荒れそうな気がしますね・・・。

まとめ

伊藤詩織さんのレイプ訴訟から始まった一連の流れですが、ネットの世界ではまだまだこれからもこのような争いが続きそうですね。

少なくとも、刑事告訴では敗訴しているにも関わらず、山口氏を性犯罪者扱いしている方は、伊藤さんを擁護する資格はないのかなと思います。

レイプがあったのか無かったのかは、二人にしか分かりません。
分かっていることは、刑事裁判では1年もの間事件を調べて不起訴となっているという事実だけ。
民事訴訟で勝訴したという事実ですが、実際に伊藤さんが被害にあっていた場合は嬉しいことですが、もしそうではない場合は、気を付けた方がいいと思います。
もし自分が合意の上で関係を持ったとしても、それを証明するものがない場合、相手にレイプだと訴えられたら敗訴してしまう可能性が誰にでもあるということですからね・・・。


伊藤さんが実際にレイプ被害に遭われていたら、とても可哀想だと思いますが、今のところ伊藤さんの言動がおかしい部分が多々あり、あまり信用度は高くないです。
この騒動の行く末を見守っていきたいと思います。